YAMAHA BB234 VW 【NEW】 【新品】【おちゃのみず楽器在庫品】
(オカリナ)オオサワオカリナ iシリーズ トリプレット AC-Ti アルトC調(快適家電デジタルライフ)

新品登場 【中古】A.SELMER セルマー 【ウインドパル】 #218**7 マークVI Mark6 Tenor テナーサックス /-テナーサックス










■アメセル■
■シリアル:218**7 
■オリジナルラッカー■
■全タンポ交換済み■

珍しいHigh F#キィ付きのアメセルです。ネック、ベル、U字管等、全体的に修正跡がありますが、演奏に問題ございません。使用感も多く、音色もこなれてきている感じはございますが、エッジも充分あり輪郭、パワーもしっかりしている個体です。

【付属内容】
・ケース
・お手入れ用品
・当店1年保証

【SELMER Mark6について】
マークVIは1954年頃から1973年頃まで約20年間生産されており、ジャズシーンにおいても非常に人気が高いモデルとして今尚、多くのファンを魅了しております。シリアルは5万9千番台から23万番台までが製造期とされておりますが、アルト、テナーは次のモデルMark7とオーバーラップしている時期もあるようです。Mark6は大まかに1965年頃でサウンドキャラクターの違いがあります。一概に言えませんが、1965年以前は渋め、丸いなどと表現される事が多く、1965年以降は明るめ、パワー感などの表現が多くなるようです。ソプラノサックスもこの時期にワンピースだった製造からリードパイプが別パーツとして取り付けられる製造に変わりました。

年代別に大まかにサウンド傾向を説明するとアルトは5万番台~6万番台は軽め、甘目、柔らかめ、7万番台~9万番台は渋め、ややエッジの立つサウンド、10万番台~11万番台はバリッとした感じで渋め、12万番台~13万番台はニュートラルでナチュラルなイメージ、14万番台~15万番台はエッジの際立ち密度と独特の粘りを感じるサウンド、16万番台以降は現行サックスよりもダークですが、マーク6の中で比較すれば明るめで、輪郭のあるパワー感のあるサウンドです。

テナーもアルトと同様のイメージですが、9万番台には音の重み粘りが感じられる個体もみられます。

個体差や使用過程によって異なるイメージになる事も多いので、あくまで参考として頂き、自分が生涯愛用できるような名機を見つけてください。育てる楽しみも充分あります。
J.michael Jマイケル オーボエ OB-1500【送料無料】【smtb-ms】【zn】

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ネオン・オレンジ(PCH-2000ZA24)